ウォーターサーバーに必要なコストとは

ウォーターサーバーの契約を考えている方もいらっしゃると思います。でも、どんなコストがかかるのか、良く分からない方も多いのではないでしょうか。業者にもよりますが、ウォーターサーバーは主に4つのコストが必要です。

●ボトル代

まず必要になるのがボトル(ミネラルウォーター)代です。1本あたり1000~2000円が相場ですが、月間ノルマが存在する業者もある一方で、月1本以下でも問題ないなど、ノルマ自体設けていない業者もあります。

ただ、1日の利用料にもよりますが、どの業者もボトル代がかかる点に注意しておきましょう。

●レンタル料金

ウォーターサーバー本体のレンタル料金もかかります。ただし、決して高いものではなく、月500円~1000円程度の業者がほとんどです。中には無料でレンタルできる業者もあります。長い目で見た場合、レンタル料金無料の業者はコストパフォーマンスに優れています。月々のコストを減らしたいなら、レンタル無料の業者を選ぶと良いでしょう。

●メンテナンス料

通常はウォーターサーバー本体のメンテナンス料も、年間数千円程度程度必要になります。しかし、レンタル料金と同様に、無料としている業者が少なくありません。本体にセルフメンテナンス機能を搭載し、通常メンテナンスを不要にしている業者もあります。

●電気代

ウォーターサーバーは常に電源を入れて利用するのが一般的であり、電気代がかかる点に注意が必要です。ただし、1ヶ月あたり数百円、高くとも1000円程度です。決して高いとは言えませんので、あまり気にする必要は無いと言えます。

●無料の業者も多い

他にも送料や解約料が必要な業者も存在します。しかし、無料の業者も多くなっており、中にはボトル代と電気代のみで利用可能なケースもあります。トータルのコストを削減できますので、初めての方に向いているでしょう。クリクラやプレミアムウォーターなど、一部費用が無料の業者を利用することも費用節約のポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *